法律や教育を通して社会貢献します

行政書士事務所の枠を越えた全国規模の事業を展開しています。

代表挨拶と変な経歴

アクロス行政書士事務所 所長:渡邊政道
日本行政書士会連合会 登録第02102430号
千葉県行政書士会登録第01092号 行政書士、宅地建物取引主任者、第3種電気主任技術者、第一種電気工事士、2級ボイラー技士、アナログ3種電話工事士、第4類危険物取扱者資格等保有。
私の変な略歴を書き記します。
電気専攻の学校を卒業した後、先生の勧めで塩ビ工場にエンジニアとして勤めました。当時はNECの大型機があり、在庫管理システムの構築をしておりました。しかし会社の空気全体が塩ビ臭く、社員食堂の味噌汁も塩ビの匂いが充満して吐き気を覚えました。システム担当なのに工場のネズミ捕獲なんかもやらされ、嫌気が差したのと若いゆえに半年で辞めて、造船会社に転職しました。ここでは主に瀬戸大橋の桁の構造計算や海底トンネル掘削の切り刃の設計をしておりました。ときどき降ってわいたようにプラント工場の煙突や高圧鉄塔の構造設計もしておりまして、毎日早朝から夜中まで働いて過労で一時期死にそうになりました。疲労困憊で新橋や有楽町のガード下で夜中にラーメンをすすっていた苦い思い出が残っております。

 当時の日本は景気がひどく悪く、職業安定所には失業者があふれ、転職するにしてもなんの資格も無く、かといって以前勤めていた塩ビ臭い化学合成会社には二度と戻りたくはありませんでした。やはり起業するしかないと日々考えておりました。ある日書店に行き、独立起業の本をパラパラ見ていると、法律系の資格を取得すると独立しやすい、との記述を見つけました。

転職また転職のはてに

 しかし、法律は私がもっとも不得意とする分野でして、それでも食っていくにはやるしかなく、勤めが終わると近所の夜間大学の法律科に通う日々が続きました。ところがやってみるとこれが意外とおもしろく、特に憲法は感動ものでした。

 その後、行政書士、宅地建物取引主任者となんとか合格できました。合格してもすぐ開業できるはずもなく、アルバイトニュースを毎日パラパラとめくっていると「行政書士補助事務員募集」の文字が飛び込んできました。何となく行って見ると「明日からスグ来い」とのことで何とか仕事しながら事務所経営のノウハウも学ぶことができました。ところがこの事務所の仕事も単調で、急に嫌になり、辞めて知人のペンキ屋に弟子入りし、毎日足場に乗ってペンキ塗りの毎日でした。夏場の38度の日に屋根に登りペンキ塗りをしていたら暑さで靴のゴムが溶けてきました。楽しい仲間に囲まれ続けたかったのですがシンナーの臭いで頭痛が悪化し、ペンキ屋も辞め、新聞配達をしながらぶらぶらと暮らしておりました。乞食と新聞配達は3日やったらやめられないと販売店の先輩に聞いておりましたが、そのとおりでして、呆然と3年ほど暮らしておりましたが、配達中のバイクの無謀運転で車とぶつかり怪我をしてあえなく廃業。その後電気の知識を生かそうと某特許事務所で明細書と図面を書く仕事を得て、特許事務所通いが始まりました。専門は電子回路でしたが、小さな事務所ゆえにアイデアおもちゃから大型冷凍プラントまで何でもありで、とてもおもしろい日々でありました。こんなに楽しい仕事なら一生続けたいと考え、弁理士試験に何度か挑戦し、あえなく玉砕しました。 当時は合格率3パーセントくらい。まあ無理だとは思いましたが。

 弁理士にならないのなら特許事務所に勤めていてもムダなのでそこも辞め、ドリル用特殊合金の加工工場で働いたりビル管理会社でボイラーやキュービクルの保守点検をする巡回メンテの会社等に勤めました。
 その後業務用冷蔵庫の製造ライン(長さ120m)で働いたりマクドナルド等あれやこれやと仕事を行い、何が何だかわからないくらいイロイロやった後にNHKの放送契約を委託で取る仕事を始めました。これは毎日街をブラブラ歩き回る仕事で、町中の思わぬ発見がありたいそうおもしろいもので、特にショッピングセンターが大好きで、毎日様々な地区のショッピングセンターを回っておりました。

 しかし楽しい毎日も続くことは無く、その後NHKから1999年12月末をもってこの仕事が無くなるとの通達を受けました。年末までに次の仕事を探そうと動き回るのですが、年が明けて1月になっても何の仕事も無く、これは困った事だと考えていたそのタイミングで友人から「不動産会社が売りに出ています。私と共同で購入しませんか。」との朗報が。これを機会に行政書士事務所と不動産業者として独立したのは西暦2000年(平成12年)3月でした。

行政書士事務所の開業と発展

 最初はワンルームマンションの一室から始まりました。友人は保険の外交員なのでほとんど事務所は私一人。親から借りた数十万円で開業したのは良いものの、行政書士の仕事は皆無で貯金は減るばかり。 毎日事務所の机に座って本ばかり読んでおりました。しかしとうとう1年くらいで全財産が千円くらいになってしまいました。自宅から事務所への通勤バス代も無いはめになり、仕方ないので徒歩の山越えで真っ暗な道を歩いて帰宅したら途中で野犬に襲われそうになりました。これではたまらんと廃業を決意したとたん仕事が舞い込んで何とか家賃を払うことができました。 その後も徐々に友人知人からボツボツ仕事が来るようになり、ある日ホームページを開設したところメールを通じて多くの仕事の依頼が来ました。

 ネットの可能性に将来性を見いだした私はせっせとホームページ作りに一日の大半を使う日々を送ることになります。特に気に懸けたのは文章の読みやすさとサイトのわかりやすさです。 たまに黒地に青い字の目がチカチカするホームページを見かけますが、私が目指しているのは常にレポート用紙に黒インクで書いたような読みやすさです。このサイトもそのような趣旨で作成してあります。

 阪神大震災を契機に始まったボランティアブームからNPO法が施行され、開業初期の頃はNPOの新規設立ラッシュの時期と重なったため、全国からNPO設立依頼が殺到し、依頼者との面談と県庁への申請手続で旅から旅の毎日でした。NPOが下火になると会社法が改正になり、1円で作る株式会社の起業ブームが起こり、またまた1円会社の設立に奔走する毎日でした。

 顧客のほとんどが友人知人のみの極めて閉鎖的な不動産屋も何とか軌道に乗ってきました。 この頃に弟が勤務していた銀行が潰れてしまい、私の所に転がり込んできて一緒に仕事をするようになりました。弟は妻子がいたのでなんとしても一定の収入が必要で、とにかくガンガン不動産業の営業で暴れ回り、不動産手数料収入もうなぎ登りで増えていきました。やがて不動産のお客さまの中に偶然学習塾チェーンを全国展開をしている社長さまがおり、この方の紹介で学習塾事業に手を出すことになります。どうせすぐに潰れるだろうと期待しないで事務所のすぐ近くのビルに1号店を出したところ生徒がすぐ50人くらい集まりました。 1年ほどしたら社長さまから「近所のショッピングセンターに空きがあるので塾を出さないか?」との打診があり、二つ返事で出すことにしました。ここもすぐに生徒が70人くらいになり、その後とんとん拍子に塾が増えて現在は塾が7校になりました。その後塾の隣のあったパソコン教室が売りに出されたのでそれも買い取り、パソコン教室も5校体制で安定しております。

 塾が落ち着いた頃に金融商品取引業が改正となり、行政書士業務として投資ファンド設立依頼が来るようになりました。投資ファンドとは複数の人々からお金を集めて何かに投資し、出資者はその見返りをもらうというものです。中にはかなり怪しい人々もおりましたが仕事になるならとドンドン依頼を引き受けました。 しかしこれが悲劇の始まりでした。

悲劇の始まり

 ファンドの依頼が増えるにつれてファンド関係者が警察に逮捕される事件が頻発し、時々新聞をみると「ファンドで何億集めて逮捕」といった記事に私の依頼者の名前が載るようになりました。そのうちに刑事が2人組みで事務所に聞き込みに来るようになり、毎回刑事さんと様々な話をしてこれが結構おもしろいのでした。 なぜ刑事は2人なのか。それは1人が質問してもう一人が表情を読むという役割分担があったのです。人間の表情は嘘をつかないようです。これは不動産の仕事でもとても参考になりました。

 次回は何が来るかと楽しみにしておりましたら、ある冬の朝早くに玄関の扉をドンドン叩く音がして何事かと飛び出すと「東京国税局査察部です。家宅捜査に参りました」といって裁判所の家宅捜査令状を見せられました。確かに令状には私の氏名と住所、裁判官の印がありました。これは相当おもしろくなってきたと興奮し、ドキドキしました。捜査官は2日間かけて調べると述べ、家の中をひっくり返す作業をしておりました。その後調べが進むとたまたまファンド設立依頼をしてきた私の顧客が数億円の脱税をして捕まり、関係者だと思い込んだ東京国税局が全くの誤解で捜査していることが判明しました。午後からは一緒に経営している塾に行って子供の勉強ぶりを見学したりして、いきなり「もう来ません」といってそのまま帰ってしまいました。それから数年してまた東京国税局の資料調査部とかいう方もお見えになり、顧問税理士に言わせると「国税局に2回も入られるのは珍しい」などと言われてしまいました。これ以来ファンド関係の仕事は絶対受けないことにしております。

現在の様子

 現在は行政書士業務と不動産業、学習塾とパソコン教室、他にまつげ美容サロン2店舗を経営しております。最近はゴミ屋敷の増加対策として空き家の解体と転売のコンサルタントをするNPOの副理事長も務めております。
 2014年12月からは発達障害の子ども達の通所支援施設も沖縄に設置しました。障害者といいますと車いすとか白い杖等目に見える障害者を思い浮かべる方が多いと思います。しかし、現代は目に見えない障害者、つまり発達障害などの脳の障害に起因する障害者が多くなっています。一見それとわからないために多くの学校や職場でいじめや偏見にさらされ、苦しい思いをしております。そんな人々を助けるべく知的障害児通所支援施設を始めました。現在、学びの郷と学びの杜の2施設を運営しております。この施設で少しでも障害のある子ども達に普通の生活が出来るような訓練を施していきたいと考えております。但し、この施設は沖縄にあるため数ヶ月おきにLCCで施設に通う日々を送っております。回りの人からは大変ですね、なんて言われますが、実は行くたびにうまい沖縄そばやマンゴー、サトウキビジュース、パイナップル、ゴーヤちゃんぷるーを食べ、夏場はシュノーケリングもしているので仕事なのか休暇なのか判断不明の状態であることは確かです。最近、施設では勉強や体操ばかりではつまらないので子ども達に農業体験をやらせてはどうかと考え、市民農園を借りました。ここでは訓練の一環としてゴーヤ、茄子、トマトなんかを作っております。爽やかな亜熱帯の空の下での農作業は体にも脳にも良い影響を及ぼすと思います。

 2018年にはベトナムのハノイの日本語学校と提携し、現地の日本人に勉強やベトナム語を教える学校を開設しております。ハノイの街角の屋外喫茶店でクラクションを激しく鳴らしながら走る車やバイクを眺めながらベトナムコーヒーを飲んでいると、私はいったいどこに向かっているのか、人生の先の見えない日々がまだ延々と続くような気がしてきます。

事務所概要

事務所名 アクロス行政書士事務所
設立 2000年3月  設立当時の事務所名「渡辺国際行政書士事務所」
事業内容 NPO法人関係、一般社団法人設立、相続・遺言他
所長  渡邊政道
所在地 〒273-0005 千葉県船橋市本町2-10-14船橋サウスビル3F
電話番号 047-433-5519
FAX 047-437-9458